タグ: 野生と女性

『野生のおくりもの』(早川ユミさん著)読了

意識的に本に出会っていくと、好きな出版社が増えていくのも嬉しい事の一つです。アノニマ・スタジオさんの本を先日購入した際、挟まっていた本の案内から見つけたのが『野生のおくりもの』でした。著者の早川ユミさんは、布作家さん。この本に出会うまでは存じ上げておらず、”縄文”というワードに惹かれて読んでみようと思ったのです。手に取ると、表紙・裏表紙に拡がるミロコマチコさんの絵。それだけで、なにか特別な本だと感じます。0歳の娘はミロコマチコさんの絵に興味津々です。本の中から、心に留めたいことを記していきます。

パナリ焼と死生観

パナリ焼、という沖縄県八重山諸島の新城島に伝わる焼き物のツボです。どんなものかと調べてみると、表面の素材は土そのもの。形はまあるくて、ツボとわかる口の部分がほんの少し存在する、という意外にも素朴なものでした。でも、なぜかその形状に惹かれる、ずっと見ていたくなる、不思議なツボです。

ツボとは、花の蕾に似ていることからツブと呼ばれていたと、日本書紀には記されているとのこと。また、アイヌ語にもよく似たツプッという言葉が有り、これは部屋・空間、そして子宮のことを表すのだそうです。ツボを作るときの姿勢がうかび、丹田のあたりで形になるツボの姿、女性の子宮と一体となって生まれてくる様子が目に浮かびました。

また、このパナリ焼は骨壷にも使われていたそうです。骨壷は、母胎回帰、死んだらまた子宮の中に生まれて帰ってくるという思想に基づくものだそうです。昔の人は、輪廻転生の死生観を持っていたことがわかります。

おくりもの経済

資本主義の前には、物々交換や市場が発展しましたが、その前に存在したのは”おくりもの経済”だそうです。モースという方の『贈与論』という本に書かれているもので、たくさん作物が取れた人は、少なかったひとにあげる。もらった人も、次にたくさんとれたら、足りていない人にあげるという循環です。

お金のことが好きな人、嫌いな人、それぞれいますが、お金を好きになった人(特に、最初は興味がなかったり、お金に苦労した人で)の中には、循環、ありがたいものだと言う人がいらっしゃいます。このおくりもの経済のようにお金のことを捉えていらっしゃるんではないかと、その中にあるありがたさを時代を超えて感じ取った人に、こうした感覚が芽生えるのではないかと思いました。私は、お金のことがようやく身近なテーマとして捉えられたばかりで、ここまで至っていませんけれど、もしかしたらそういうことかも?希望の光が差したような感覚です。

女性というまあるい存在

この本を通して、貫かれているテーマの一つは女性だと感じますが、田口ランディさんとの対談の中に出てきた”女のひとには女のひとのまるいことばがある”ということ。男のひとの言葉とは枠組み、理論を使って説得しようとするものになるでしょうか。情報や、データで示されても、わかるけれど、納得できない、共感できないということは、女性には特にあるのではないかと思います。よく夫が「なぜ、明確なデータが出ているのに、やらないのか?」「会社員なんだから、それくらいややって当然」と言っていますが、夫の言い分もわかるけれど、「やらない当事者」の気持ちもよく分かります。

私の活動先の幼稚園という場所は、女性ばかりの職場です。昔は一人だけ男性の先生もいましたが、今は先生は女性のみ(運転手さんなどは男性もいます)。そして、こうした幼稚園や保育園で働く女性たちは、言語での表現が苦手だと言われています。もしかしたら、本来苦手なわけではなく、男性の言葉、言語に合わせるのが苦手だということかもしれません。うまくそこを渡り歩いて、橋渡しをできる人はそう多くはいないのかもしれません。

ミロコマチコさんの絵と野生というキーワード

とにかく、この本のタイトルとミロコマチコさんの絵のイメージがぴったりと合いすぎていて、読んでいるあいだ中、「野生」という言葉が私の中に居座り続けていました。あまりにも自分の中に「野生」が居座りすぎて、「あれ、この本のタイトルなんだっけ?」と見返して、「あ、『野生』って入っている!」と驚いたので、文章とミロコマチコさんの絵が発するメッセージ性の強さなのだと思います。そういえば、この本の表には、タイトルが書いていないのでした!

来月に出産を控えた友人から「もう3回目だから、少しは落ち着いて生みたい」とメッセージが来たので、「そんなに落ち着いて静かに生むものじゃなくても、取り乱しても生き物らしくていいんじゃない」というようなことを伝えました。出産で発するエネルギーは、まさに野生そのもの。痛かったら痛いと言えばいいし、そのまんまの姿で別に大丈夫だし、信頼できる助産師さんは、きっとそれを受け止めてくるはずです。

他にも、アイヌ語のありがとうは「自分を殺す」という最高の尊敬語、山崎ナナさんという会津木綿を継承した方、コミューンを提唱するアリシア・ベイ=ローレル、ガンディの思想する布、読めば読むほど心に響くことが溢れている本でした。

Filed under: Tagged with: , , , , ,