タグ: 絵本

絵本の選び方

先日、和みのヨーガインストラクターの友人が自宅に遊びに来てくれました。本屋で働いている彼女は、出産祝いにも絵本をプレゼントしてくれるほど本が大好きです。自宅の本棚にある絵本を眺めながら、「絵本はどうやって選んでいる?」という質問をもらいました。今まで、絵の好みや話のおもしろさ、信頼できる出版社かどうかなど、漠然として特に意識してきたことはありませんでしたが、改めて、どうやって絵本を選んでいるか、考えてみる機会になりました。

絵本の役割

幼稚園教諭の資格を取るために通っていた大学や、娘の幼稚園で言われているような一般的な絵本の意味はいくつかあります。

  • 伝承的な意味合い
  • 子どもが絵本の世界観に没頭できる、想像力を育む
  • 自分のネガティブな感情を逃してあげる場所

など、決して文字を読めるようになるとか、論理的な構成力を育てるとか、そういった左脳的な意味合いというものはあまり語られていません。よく、大人が(特にお父さんかも)絵本を通して文字を教えることがありますが、私は絵本は文字を教えるツールとしてはあまり適していないと思います。文字の読める大人は、絵本を読み聞かせてもらうと、絵ではなく、文字を追います。でも子どもが見ているのはあくまで絵です。絵を楽しんでいるのであれば、あえて文字をそこで教えなくてもいいと思うからです。

絵本は平等なコミュニケーション

我が家でも、絵本は文字を教えられないから意味がないとか、ナンセンス系の絵本は教訓もストーリーもないから読まないほうがいいとか、そういう話が飛び交っていないわけではないです(私は、ナンセンス系絵本の代表、長新太さんの絵が好きです)。家族みんなが同じ本を大好き、というわけではありません。その壁を越えようとして、ちょっと躍起になっていたと思いますが、『日本における子ども絵本成立史』(ミネルヴァ書房)という本から、日本における絵本文化の歴史を学ぼうとした時期もありました。

結局、今私の中に一番残っているこの本からのメッセージは、

 絵本は子どもの心の糧である、とか絵本に親しむことによって子どもの想像力が育つ、とか、子どもによかれと思う配慮で絵本を子どもに与える大人の立場というものがある。わたしもそういう絵本の効能を疑っていない。大人のわたしの心の中にもそういう教育的な思いが全然ないかといえば、それは嘘になるかもしれない。けれどもやっぱり、絵本を手にこどもの前に立った時の私の気分は、そいういう立場とは違うような気がする。(中略)絵本をよむということは、対等な相手となにかを創りあげる共同作業なのだと気がつく。わたしにはこの対等感がこたえられない。(中略)大人と子どもがそれぞれの垣根をとっぱらって同じ楽しみを共有する時間、それが絵本をよむ時間だ。しかも大人と子どもの感性の立場が違うとうことが決定的に面白い。

という、長谷川摂子さんの絵本観でした。大人と子どもが「対等な立場」に立てる。それは、言語だけに頼らないからこそ実現できるのではないかと思います。絵本の絵と、文字が主体の本にある挿絵と、絶対的に違うのは、絵本は、細かなストーリーの前に、絵でのイメージがあり、そこに言葉を紡いでいったということではないかと思います。言語が先に立たない、ということに、大人の世界で使われている言語が絶対ではない世界があるのだと思います。

言語を飛び越えて、言語とつなぐ

私は、自分の思いを言葉であらわすということが、小さな頃から苦手だったと思います。うまく言葉で出てこない。そんなとき、絵を描くことや写真を撮ることで、絵や写真が私の代わりにアウトプットしてくれていると感じていました。たとえ、相手に受け取ってもらえなくても、なにか、自分の感情を外に出す。それだけで、モヤモヤとしたもの、苦しみから開放されていました。(だから、小さな子は絵を描くのが好きなのかも)

小さな子どもであれば、言葉に出来ないことがあっても当たり前のように思いますが、本当は、大人にも、感じ取ったもの、表現したいものが実はたくさんあって、言葉にできないことがたくさんあるのだと思います。言語化することは、自分以外の誰かと何かを共有する上でとても便利なツールです。でも、言語が絶対で最上位のコミュニケーションではないとも同時に思います。両方を心地よくつなぐことで、相互に理解が深まるのだと思います。

そんなとき、言語で語りすぎない絵本があれば、あまりにも理路整然としていない遊びのある絵本があれば、イメージ(メッセージやエネルギー)と言語(ツール)をつなぐことができるのだと思います。絵だから言語よりも下位のもの、かんたんな言葉だからダメ、難しい言語が良い、でもなく、絵本の前では誰でもが平等に、思ったことを言葉にしても良い、大人も子どもも関係なく楽しめる本。そんな本があれば、私は手にとってみたいなと思います

Filed under: 新しい生き方, 親子のことTagged with: , , ,