タグ: パートナーシップ

パパの子どもの叱り方が、気になっている、優しいお母さんへ

やさしいお母さんは、自分のお子さんが、頭ごなしに叱られたりとか、大きな声で怒鳴るように叱られるとか、嫌だなと感じたり、心配だったりしませんか。お子さんが、「怒られても仕方ないよな」というような事をしていればまだしも、お子さんも繊細でやさしくて、「イタズラなんて出来ません!」というタイプだと尚更ですよね。そして、その大きな声で怒るのが身近なパパだと、、心配事やストレスが増えちゃいます。

そういう相談を受けたら、つい、「人生の先輩たちは何て言っていたかな…」と考えを巡らせてしまうのですが、今日は、私自身はどうしていたか(いるか)ということをお伝えしていきます。今の時代に、同じ様に子育てをしている私にしか、応えられない事があるかも知れないから。

パパはなんで怒っているのでしょう

子どもが何かあって泣いていると、「泣くのはやめなさい!」と頭から力で抑えようとしているように見えるパパ。うちもご多分に漏れずそんな時期がありました。そうすると、お子さんの泣き方もエスカレートする。。。パパの言い分は、

  • 落ち着いて感情をコントロールして欲しい(すぐに)
  • 泣いたら自分の思い通りになるという思考を捨てて欲しい(今すぐ)
  • 周りにも迷惑(かなぁ)

最後は、ちょっとおまけみたいな感じですけど、概ね「しっかりとした大人になってほしい」という、子どもへの愛情表現です。お互いに落ち着いて話ができれば、子どもにも伝わるところも多いし、パパ自身も伝わって「良かった」と思えるのですが、この「すぐに、今すぐに!」という気持ちがあって、大声を出したり、強く言ってしまうのです。結果が早く欲しいんです。お母さんみたいに待てない^^;

自分がどう育てられたかという連鎖

パパがそうしてしまう理由の1つは、自分も小さい頃にそうやって育てられたから。パパも子供の頃に、自分の父親やおじいちゃんなんかに、そうやって叱られながら育っているので、他の手段を知らなかったりします。

一方ママの方は、「小さい頃、お母さんに一度も怒られなかった」という方、結構いらっしゃいますよね。私も、母親が怒っているところは一度も、見たことが有りません。なので、”お母さんは怒ってはいけない、怒らないのが良いんだ”と、パパと真逆の価値観を持っている事がよくあります。

パパとママ、お互いが真逆の価値観を持っているので、相手が極端に見えるのです。それでちょっと、怒っている人を見ると、ママの心がざわざわする。

また、パパの方は「ママが叱らないから、自分がやらなくてはいけないな!」と頑張ってしまう、とういこともあります。

男性性と女性性の違い

「そもそも相手は違う生き物」と思っていると少し気持ちも楽になります。男性性・女性性の違いをお伝えしておきますね。

男性性は、まっすぐに、目標に向かって突き進むエネルギーが強いです、先人の知恵を学んで、早く目標に到達しようとする。反対に、女性性は、振り子のように揺れながら、行ったり来たりして、自分で確かめながら、ときには間違ったり失敗しながらバランスを取って進んで行きます。

男性性は、優れた手本を見せて、「ここまで到達しなさい」と子どもを引き上げるエネルギーになります。女性性は、「出来ても、出来なくても、どちらでも大丈夫」と、どんな事も受け止める、温かいゆりかごのような役割を果たします。

女性だから、女性性しか持っていないということはなく、両方持っているけれど発揮する割合が違うので、お父さんとお母さんの役割は、そのまま男性性と女性性の違いに現れたりします。

こうして、それぞれ役割が違い、協力して子どもを育てている、と考えられると、「私は(母親は)、子どもが安心できるような環境を作ろう」と、後でお子さんを甘えさせてあげようと思ったり、一緒に好きな絵本でも読もうかなと、状況に心が乱される事なく、長い目で見ながら、立ち振る舞うことも出来るかもしれません。

ママを守りたいという気持ち

パパは、あまり表に出さなくてもママのことを大切にしています。守りたいと思っています。なので、子どもが大変な状態になるのは、「ママを苦しめている」と思っていることがある気がします。

なので、「子どもが泣いていると手がかかる、ママが大変になる、今こそ自分がなんとかしなくては!」とママのためを思って、子どもに厳しくしているケースもあると思います。お母さんが怒らないタイプなら尚更です。

それでも、子どもの心が心配なときはママも立ち上がる

そうは言っても、「ちょっとそれは行き過ぎでは」という時もあります。そう感じる場面では、私もすぐに「そういう叱り方はしないほうが良い」と止めに入りました。

娘が3歳〜4歳の頃、「大泣き」「癇癪をおこす」泣き方がどんどんエスカレートしていく、という時期がありました。(因みに、5歳になった今は殆ど有りませんので、年齢的なものもあると思いますよ。)

ある時、お出かけに連れて行った小さなお人形を無くしてしまい、泣いていたうちの娘。最初は、両親揃って「残念だったね、悲しいね」と気持ちを受け止めていました。そして、数分たっても泣き止まない、ちょっと泣き方が強くなってきた、というタイミングでパパのほうが「落ち着いて!泣いても自分の思い通りにならない!」と大声を張り上げ、繰り返し繰り返し、オウムのように言い聞かせようとしていました。

それ以前の数日も、何度もこの繰り返しを見てきて、そのときも、その後も、特に状況が良くなったように思えなかった。「それじゃちゃんと伝わらないよ!」と思ったので、「今、こうして強く言うことがもっと混乱させているよ」と伝えました。多分、全く上手に伝えられなかったです。その後、夫婦間でなにかの結論に至ったとか、そういうことも無かったです。でも、不思議とすぐに娘がものすごく落ち着きます。さっきの騒ぎは何だったの?というくらに、ケロッとして楽しそうにしていました。多分、「ママが、黙って見ていないで、助けてくれようとした」というのが伝わったんじゃないかと思います。

たまには家族に甘えてもいいですよ

昨日は新月でしたね。女性は月の満ち欠けに影響を受けると言いますが、女性はどんな一日でしたか?男性の方は、周りの女性はどんな風に過ごしていましたか?私は、珍しく感情を爆発させました…。わかりやすく言うと、夫と喧嘩したんですね。そんな事があっても、その後、悪い方には行かないです。家族がもっと仲良くなります。喧嘩したら、どんどん仲が悪くなって、ついには離婚?というのはおとぎ話です。

昨夜はそんな騒動のあと、雲が多かったですが、海の方は星が見えるかも(新月は星が一番輝いて見えるというのもあり)、と言う情報が出ていたので、夜のドライブに行って、久しぶりに自然を感じました。星は全く見えませんでしたが、雲が力強くうごめいている姿に自然の力強さを、暗がりに白んだ雲と一緒に見える建物の影に哀愁を感じました。

冷静でいられなくなる、賢い女性でいられなくなる、感情を表に出すのはみっともないな、と心配している賢い女性の方々。もちろん、友だちや仕事で付き合う人にそういった面は殆ど出していないと思いますが、家族には少し甘えて、感情を出してみるのは悪くないと思います。

もしかしたら、旦那さんの言うことが正論すぎて、「あれ、なんで私怒ってたんだろう」って思うかもしれませんが、状況は素直に受け入れてくださいね。「正論ばかり言って、偉そうだー!」って、もう一度怒らない事がコツです。

それで、色々整理すると、本当に嫌だと感じたことが1つとか2つとか、残ると思います。そこだけ、最後にこういうポイントで感情的になったという理由と、こうして欲しいということや、私はこういう事を大事にしている、ということなどを伝えてみてください。それでおしまい、になると思います。で、旦那さんが急に優しくなったり、家事に協力的になったりして不思議です。

因みに、我が家の娘2人はその間、すっごく楽しそうに自分の世界で遊んでいました。長女の方が「あのさ、もうちょっとボリューム落としてくれませんかー?」って最後に言ってました笑。 

でも、もっと良いのはちゃんと、いつも、少しずつ正直に伝えたり、話し合ったりすることですね。変に隠し事しようとか、自分はこうしたいからと相手をコントロールしたりすると、一気に溜め込んだものを吐き出すタイミングが必要になってくると実感です。

Filed under: 未分類, 親子のことTagged with: , , , , ,

パートナーシップに悩む女性に届けたい言葉

最近メルマガ購読をはじめた、椎原崇さん、ビジネス・仕事・ライフステージ全般の情報発信がある中で、パートナーシップのお話も発信されています。先日のメルマガで配信いただいた、あるパートナーシップのお話。すごく良かったので、是非、悩める女性に届いてほしいのでシェアします。

家庭(子ども)持つ男性の言葉だから、すごく響きます

きっと同じことを、過去に、私に伝えてくれた人は何人か居たと思います。もちろん、その言葉は、そのとき受け取れる範囲で有り難く受け止めていましたが、説得力・納得感が格段に高いです。きっと、家庭を持ち、お子さんを育てる男性からの発信だからこそ、なのではないかと思います。

メルマガの記事(「女性の仕事」) → ブログ「お母さんは幸せでいよう

の流れで、合わせて読んでくださいね。

メルマガ本文シェア(「女性の仕事」)です

今、恵比寿の自宅にいます。
時間は深夜ですが「ファッションショー」を見ています。

それは、ネットやテレビで見ているのではなく
目の前で嫁がファッションショーをしているのです(笑)

僕は自分で服を買っても言われないとわざわざ見せないタイプなのですが、
嫁は新しい服を買うと、それをファッションショー形式で毎回見せてくれます(笑)

新しい服同士のコーディネートはもちろん、
既存で持っているものとの組み合わせも見せてくるのです(笑)

そして、

それをしている時の
嫁がめっっっっちゃめちゃ嬉しそうな顔をしているのです^ ^

そんな嬉しそうな嫁の笑顔を見ると、

幸せだな~って思うし

もっと頑張ろう!って思う

結局、嫁が幸せそうに笑っているのを見ることが、
僕が一番幸せを感じることなのかもしれない。

嫁が幸せを感じている状態が、
僕とオチビッタの幸せな状態を作ってくれる。

ってことは、嫁が楽しめるようにするのが一番良いよね。

だから、

椎原家では、

嫁が好きなことにお金を使ったら褒めるようにしました(どーん)

「めっちゃ気に入ったスカート買って偉いよ!!」

みたいな感じです(笑)

すると、嫁も気持ちよくお金を使えるので
ますます笑顔になる、

すると、僕もオチビッタもますます幸せ。

みたいな感じになるのです。

男性は与えることで幸せを感じて、

女性は受け取ることで幸せを感じる。

女性はたーーーくさん受け取って
クッッッソ幸せでいることが一番の仕事なのだ♪

こちらも合わせてどうぞ↓

「お母さんは幸せでいよう」

https://ameblo.jp/jibuncompany/entry-12397979718.html

※出展:椎原崇さん 7月11日配信メルマガ「女性の仕事」

自分が幸せでいられるように

女性性を持つ皆様、頑張りすぎなくて大丈夫です。役に立とうとか、必要とされようとか、考えなくて大丈夫です。愛情をたくさん、上手に受け取ってください。女性が笑顔で、心穏やかに、幸せそうにしていることが、何より男性の幸せなのです(逆に言うと、そうでない男性から頂くものは、本当の愛ではないとも言えるかもしれませんね)。もし、お子さんがいらっしゃる方は、お子さんの幸せでもあります。私も、娘から「なんでママはいつも笑顔じゃないの?」と、思いもよらない言葉を頂いて、驚愕したことがあります。自分では全くそんな気はないのに、むしろ笑顔でいるつもりだったのに、です。

椎原さんのメルマガ、気になった方はこちらから登録出来ます。(https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSabopo

Filed under: パートナーのこと, 新しい生き方Tagged with: ,

子は鎹(かすがい)は、こどもたちの手助け

子どもが生まれる前は、ケンカなんてしなかったのに、子どもが産まれた途端に、パートナーが別人に見える、異性として見られない、ケンカが増えた、そんな方は少なくないとおもいます。我が家もきっとそのうちの1世帯でした。そんなパートナー同士が、再びお互いが大事だと気が付くには時間が必要です(2年かもしれませんし、5年、もっとかもしれません)。そんな時期を、小さな子どもたちが助けてくれていると思うのです。

子は鎹(かすがい)という言葉

子は鎹(かすがい)は、「夫婦の間を、子どもがつなぎとめてくれる」という言葉です。以前は、この言葉、とてもネガティブに捉えていました。

  • 本当は一緒に居たくないけど、子どもが小さいから仕方なく一緒にいる
  • 子どもがもし居なかったなら、パートナーの関係を終わらせたい

そんな風に捉えていました。

恋という勘違い

先日、ある友人と、恋という仕組みについての話になりました。人間は、子どもを産むために、恋という勘違いが起こるように出来ており、この勘違いはそのうち終わる(特に、子どもが産まれたあと)、という話です。この勘違いが終わるタイミングが、子どもが産まれた後に起こったら、、子どもが小さいうちのパートナーシップの大変な時期はこうして起こるのだろうかと思いました。そして、このとき「子は鎹(かすがい)」という言葉が頭に浮かんだのです。

勘違いの間に愛情を育てることができます

でも、同時に、勘違いをしている間に本当の愛情が芽生えるので大丈夫、というお話もセットになっています。そのときに子どもが小さければ、養育のために一緒にいる必要があれば、子どもたちが鎹(かすがい)となって、ついカッとなって離縁する、といったことは少なくなります。そして、その間の時間に愛情を育てることが出来ます。子どもたちが、大変な時期を助けてくれているのだな、と、この言葉に隠された意味を見つけたような気がしました。

夫婦関係が変わってしまうのは、

  • 子どもという思い通りにならない存在がそうさせる
  • 世話が大変だから余裕がなくなる
  • 相手が協力的と思えない
  • なぜそんなに怒っているのか?、等、相手が理解できなくなる

そんな風に考えがちですが、子どもが生まれる前は、そもそもそこまで協力する必要もなかったり、恋の勘違いで相手の嫌なことが許せてしまったりする面もあるのだと思います。そして、本当に思い通りにならないのは、子どもではなく、自分自身で、その思い通りにならない責任を写し鏡のようにパートナーに投影している、ということだと思います(詳しく知りたい方は、認知真理学を通してお伝えできます)。

目に見えて分かりやすい実例

子どもたちに、つなぎとめてもらい、パートナーとの関係が劇的に良くなった、そんな事例を見つけました。NETFLIXで配信されている、「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」のシーズン1・エピソード1、「幼児と一緒にお片付け」です。アメリカの素敵な夫婦と、二人のかわいいお子さんが居る家庭で、こんまりさんが、片付けを通して、家の空気やエネルギーの流れを変えるお手伝いをされています。ご興味が有りましたら、ご覧になってみてください。

Filed under: パートナーのこと, 新しい生き方Tagged with: , ,