タグ: 『感動、』

「あわい」の時間

昨夜は、写真家 齋藤陽道さんと医師 稲葉俊郎さんのトークショーへでかけてきました。排泄の話から、稲葉さんが齋藤さんの写真から感じた「あわい」の話へ。一夜明けて、あれは夢だったのではないかという、まさに「あわい」の夢心地な時間でした。

齋藤陽道さんの写真との出会い

齋藤陽道さんの写真を、意識して初めてみたのは、2019年夏の原宿・デフアート展でした。複数の作家さんが作品展示している中で、唯一、名前と作品を覚えていたのが齋藤陽道さん。当時妊婦だった私は、赤ちゃんや、お母さんと赤ちゃんの写真に惹きつけられ、衝撃を受けて、だれの作品なのかとキャプションを見ました。普段なら、メモでも取らないと忘れてしまうのですが、本当になぜだか、忘れずに覚えていたのです。

私は、本は多く読む方だと思いますが、雑誌はあまり読みません。毎月買っている「暮らしの手帖」に絵本や子育て関係の雑誌をたまに買う程度です。その僅かな雑誌に、毎回のように登場してくださるのが齋藤陽道さん。写真と文書が載っています。「あ、この方は原宿で見た写真の方だ」と思い出し、「暮らしの手帖」での連載も楽しみにしていました。

ある時、全てを言葉で伝えなくてはいけないこと、それを強いること、言語情報が自分に浴びせられることにひどく疲れていました。同時期、子どもが言葉の勉強をはじめて、家で「あいうえお」の勉強をしているのを見て、寂しいような、とてつもなく悲しい気持ちになりました。言葉は、便利な道具、言葉で伝えあう必要性はよくわかっているつもりですが、言葉第一だと言われているようで、悲しくなったのだと思います。

そのとき、齋藤陽道さんが同じような内容で雑誌に寄稿されていたことを思い出し『声めぐり』という、著書を読みました。言葉に対する答えが書かれているわけでは有りませんでしたが、すっかり齋藤陽道さんファンになりました。過去に、ブログにもそういえば書いていました。(過去記事「今日は触覚の日」

なぜか、アーティストの方の書く本を読んで、すごく好きになるということが多いです。高木正勝さん、寺尾紗穂さんも、本を読んでから特別な思い入れが生まれました。

「あわい」が答え

言葉疲れ、不安から一ヶ月以上経って、参加した昨夜のトークショー。実は、昨年末の恵比寿 写真美術館でのトークショーにも行きたかったのですが、来客の予定と重なり見送ったのでした。その時参加できていたら、今回はなかったかも。と思うと、偶然のような必然の導きでした。

稲葉俊郎さんが子ども時代から感じていた、「言葉」からこぼれ落ちたものへの危機感。言葉にできないもの、言葉にならないもの、言葉では伝わらないもの、それが「あわい」。覚醒している状態、言語、規律、そのどれでもないもの。無意識、眠りの時、身体・生命そのもの。こうしたものを、子どもの頃にはしっかりと感じられたはず。言葉にできないからこそ、そのなにかが常に一緒にいたはず。それが失われると、バランスが崩れてしまう。それが身体にも露呈する。私が、子どもが言葉を学んでいるときに感じた不安はこれでした。

意識・無意識は、どちらも必要なのですが、「あわい」だけが足りない状態で不調をきたすことが、今の人間には多いのだと思います。正体が分かれば、恐れることでもなく、「あわい」を感じられる体験を、沢山、こどもと一緒にしたい。「あわい」の蓄積、培いをしたいと思いました。

写真に感じる、惹かれるなにかは「あわい」だったのですね。お二人でのお話だからこそ、紡ぎ出せたものだと思います。帰宅後が、忘れずに稲葉俊郎さんの本を2冊注文してから眠りました。

Filed under: アートのこと, 新しい生き方Tagged with: , , ,