私のお産の記録2〜分娩当日〜

産前の記録からだいぶ間が空いてしまいましたが、分娩の当日の記録を記します。生まれる前日の明け方、自分の身体なのに自分のものではないような不思議な感覚で夢と現実との間を行き来していたのを覚えています。

陣痛のはじまり

陣痛が始まった日は、夫の友人が自宅に遊びに来るというその日でした。予定日が近かったので、もし産まれてしまったら予定はキャンセルにしようと決めて、そして、料理はなにかケータリングを、とのことだったのですが。

前日、明日はローストビーフを出したいとの夫。スーパーで塊肉を買ってきました。となると、ケータリングではないのでは、、ということでいつも通りせっせとローストビーフを仕込み、一緒に出すサラダやらパスタやらトマトスープやらハード系パンやらデザートのケーキやらの準備に追われて、ちょっと陣痛が早まってしまったかもしれません。

夕方に娘を幼稚園に迎えに行くあたりから、ちょっとお腹のあたりがおかしいなと思って、お腹が痛いなと感じて、ちょうどトイレにも行きたかったのでそのせいかもとやり過ごしましたが、ディナーの準備の途中でやっぱりこれは痛い、となり。料理も鍋に入ったままで一応出来上がったので、作業終了。

しばらく様子をみましたが、病院に相談して早めに病院へ移動しました。

病院にて

早めに入ったので、結構余裕というか、ここまでの陣痛の痛みは前回の分娩でも体験していたし、和みの仲間に感謝したりして過ごしました。

しかしながら、本陣痛がはじまるとやはり未知の痛みにどうしようもなくなり。麻酔分娩では体験できなかったテニスボールで痛いところを抑えてもらうとか、おお、これか、、なんて考えたりしました。

それ以上の陣痛が来たとき、痛いのですがなかなか子宮口が開かず。泣き言を言っていました。「もう無理、痛すぎる、なんでこんなに痛い目に遭わないといけないんだ」などなど。でも涙は出ません。きっと痛みをこうして紛らわす術です。それと同時に、「もう帝王切開にしましょう」とか言ってもらえないかなとどこかで期待していました。「うまくできない、いきめない!」と泣き言をいったとき、「大丈夫、ちゃんとできてるよ」といってくれた助産師産の言葉のなんとありがたかったことか。

痛みへの覚悟

子宮口が開かないので、もう少し様子を見て進まなかったら促進剤を使いましょうかと言われました。「はい」と返事はしたものの、なんだかそれだけは絶対にいやな気がして。そこから覚悟が決まりだしたと思います。

もうすぐ出そうなんだけど、赤ちゃんの向きがちょっとずれている、体勢を変えてみましょう。そう言われても、痛くて動けないし、感染症の恐れがあったので点滴をしながらだし、心拍モニターも付いているし、ベットだから落ちるんでないかと怖くて、動きづらい。加えて、靴下を履いていないので足が冷える、夕飯の支度でにんにくを切ったから手が匂う。気がかりなことだらけでなかなか動けませんでした。

最後、もうすぐ出そうというとき、お尻が痛いのが怖いのです。頑張れば、赤ちゃんも出てこられるし、お産も終わるのはわかっているのに、お尻が痛むのが怖い。前回の麻酔分娩では、お尻の感覚は全くありませんでした。いきむのは怖くないのですが、「いきむって何?」って感じでよくわからないのです。その「いきむ」という感覚、今回はよくわかります。でも、怖いのです。でも、最後は覚悟するしかなくて、次の強い陣痛で出しましょう、という助産師産の声掛けで、良しと覚悟をきめました。最後は取り上げの専門家の方のような方も加わり、出ました。。。

もう、助産師産には感謝しかありませんでした。一生忘れられない方だと思います。前回の麻酔分娩では、逆で、助産師産の顔はあまり思い出せませんが、検診時からお世話になっていたので医師の方のお顔はよく覚えています。

夫の立ち会い

前回の麻酔分娩では、夫はもっぱら撮影係。水分補給のために飲み物などは手渡してくれますが、それ以外はカメラを持って立っている。そして、血が苦手なので、生まれる直前に倒れてしまい、肝心なところは撮影できずに別室へ。

今回は、痛みを乗り越えるのに、実際に手を動かしてサポートしてくれたのはもちろんですが、助産師さんが部屋を不在にしている間に、ひとりにならなかったことが本当に心強かったです。そして、最後まで倒れませんでした。

当初は、立ち会いはどっちでもいい、一人で産んでくるかも。と気軽に考えていました。立ち会いには特に深い意味はないものと。でも、これほど心の支えになるとは知りませんでした。

お産の振り返り

入院期間中、担当してくれた助産師さんが病室に来てくれました。尚、大きな病院なので、最初から同じ助産師さんがついてくれたわけではなく、何人も交代してみてくれていました。最後に出会った助産師さん、本当にエンパワーメントの力があって、アロマや三陰交マッサージもしてくれて、赤ちゃんはこの方が来るのを待っていたのではないかというくらい、若いのに素敵な方でした。

助産師さんは、一緒に病室でお産の振り返りをしてくれました。「とても経過は順調だったんですよ」と言ってくれました。その前までは、私のお産は二人目なのに全然楽ではなく、安産の部類には入らないだろうと思っていました。けれど、一緒に振り返りをしてくれたら、そっか、大丈夫だったんだと、認識がガラッと変わりました。

助産師さんのサポートの力が大きいこと、家族の支えを感じられるお産の経験でした。

Filed under: 親子のこと

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment